一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

野口整体

生きることの意味

人が生きることの目的は何なのか? の問いに対して野口晴哉先生は、生きることに目的などない、あるとすればそれは生きることそのものだ。ということを仰っています。 ただ生きることそのものが目的なら、どんな風に生きたっていいだろうと思うのですが、そ…

無い者からは奪うべし

野口晴哉先生が、指導者の心構えとして持つべき愛情というもを示した教えがあります。 無い者に与えてはいけない。 無い者からは奪わなければならない。有る者には与えてもよい。無い者に与えるのは素人の愛であり、 無い者から奪うのが玄人の愛である。 と…

惜しむべからず

心も、力も、物もお金も、持ってるものは、惜しむことなく使うべし、です。 惜しむ心、躊躇う心は、流れを滞らせる。 使ったら足りなくなる、無くなる、と不安を抱けば、 無くなるのを、不足するのを認めることになってしまうのです。そして認めれば、認めた…

一瞬、一点の変化

心身の変化というものは、一瞬で起こるものであります。 変化するのに必要なのは、ピンポイントの一点であり、一瞬です。 一般に普及して流行っているヨガなどの運動では全体をあいまいに行うものであるので、心身にかかる負荷は少ないためやり過ぎなければ…

統一体へ

身体、心、気、修行者はこれが一つになって行くよう、一体となって行くよう修練をするわけです。統一体と言ったりもしますが、日本古来の身体文化では、武芸、伎芸、宗教等に於いても、こうしたことが重要であるとして必ず修練されております。 本日の活元瞑…