読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

統一体へ

身体、心、気、

修行者はこれが一つになって行くよう、一体となって行くよう修練をするわけです。

統一体と言ったりもしますが、

日本古来の身体文化では、武芸、伎芸、宗教等に於いても、こうしたことが重要であるとして必ず修練されております。



本日の活元瞑想会では初めての方が来ていて、若い女性でしたがかっこいい整体師になりたいとの目標で学びに来られていました。



f:id:ikkyuw:20161219005744j:plain




野口整体では、施術する、治療するという概念はありません。

自分の身体のことを医者や施術者といった治療家に任せて預けてしまうのではなく、

自分自身にしっかりと任せて預けられる、
自分の力で心も身体も健全に生きられるようになるために行う学びの世界であるというのが野口整体であります。

なので整体治療ではなく、整体指導という形式をとっているのであります。


野口整体でも整体操法という、一見するとカイロやオステオパシーなどの徒手療法と似たような技術もあるわけですが、
中身は多くの徒手療法とは違い、

やってあげる、やってもらうという図式で成り立たせるものではありません。


この辺りが野口整体が世間一般から理解されにくいところであるかと思います。

本日来ていた女性も、指導者がこうした話はしていてもよくわかってはいないご様子でした。




f:id:ikkyuw:20161219005802j:plain



現代、常識となってしまっている図式は、
治してあげる、治してもらうというのが当たり前になっています。

自分の乗っている車が壊れたから、調子が悪いから、
でも自分では治せないので車屋さんに預けて治してもらいましょうという、

これと同じことを自分の身体でやっているわけです。


自分では調子が悪いのを、壊れたのを治せないから、
治療家に預けて治してもらうのが正しいと思っているのです。


しかし、
こうして自分の身体のことを他人に任せて預けてしまうのでは、身体の持つ自然治癒力は発揮されてきません。

誰かにどうにかしてもらおうという受け身な心が無意識にでも働いていると、本当の力強い治癒力は出てこないのです。


身体に備わっている自然治癒力というのは心によって無意識に操作されているのであり、
すなわちそれは潜在意識によって操作されているものであります。

であるから、この潜在意識が前向きで積極的なものに変わらない限り、力は発揮されてこないのです。


心が前向きに積極的になるということは、
生き方がそうした生き方になるということです。

もっとも自分らしく活力のある、本来の生き様になってゆくということであり、
本来の自己に還るということであります。



f:id:ikkyuw:20161219005850j:plain



潜在意識領域というのはアストラル体、メンタル体を主に指しており、東洋の言葉では気であります。


霊的には前世などの関わりの深い霊魂と一括りに繋がっている領域であります。
であるから、
前世のカルマ(マイナスな思念)はこの領域から発生してくるのです。





f:id:ikkyuw:20161219005911j:plain



心、身体、気を統一して行き積極的に生きられれば、

カルマの清算ということもスムーズに進むことでしょう。



一休