一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

躁鬱と浮き沈み

躁鬱病では、気分がハイな状態と落ち込むのが繰り返されますが、

人生で大きな浮き沈みを繰り返すような人もこれと似ておるように思います。

 

短期か長期かの違いでエネルギーの法則性としては同じことと思います。

 


f:id:ikkyuw:20180517011634j:image

 

成功して富も名声も得て図に乗っているような人は、後でとんでもない落ち込み方をしています。

 

結婚して幸せいっぱいだと浮かれて節操の無い稚拙な夫婦は、後でたいがい離婚してます。

 

これは一例ですが、

一時だけ調子が上がっていて得られる幸福感というのはやはり脆いものです。

あとで必ず反動が来ます。振り子と同じです。

 

こういう不安定な幸福状態(ハイな状態)は、独りよがりな状態であることが多く、周囲にもあまり良い影響を振り撒くものではないように思います。

 

 

われわれ修行者が求める幸福は、浮き沈みに揺さぶられない安定感のあるものを求めます。

 それにはやはり意識を上げること、と身体を整え丹力を育てること、だと思います。

 

それにより意識のコントロールが自在なものとなって行きます。

 

 

 

一休