一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

今日の雑話

今の学校では相変わらず「体育座り」をしているのでしょうか。

事実かはわかりませんが先日、この体育座りも戦後GHQが採った日本弱体化計画の一部、という内容の記事を読みました。

体育座りが、というより今の体育そのものに弱体化の意図が盛り込まれているとは思いますが、
この体育座りが奴隷や囚人にさせる座り方だった、というのはこれまでずっと知りませんでした。



野口整体、瞑想行を学んできた視点から見ると、
確かにこの座り方を学校教育で標準化していることは良くないかも、と思えます。

この座り方は自分を主張できる座り方ではありません。
腰腹を使うのとも真逆です。

身体特性によっては脱力を促せる、休まる座り方にはなり得ますが、
そうでなければ意思、主張を、
抑える、挫く、封じる、ような体勢です。
元気がなくなったり、項垂れたりしたときの体勢です。
確かに奴隷や囚人には相応しいかもしれない。

学校であまり多用されるべき座り方ではないかもしれない。


f:id:ikkyuw:20171211003416j:plain




教育は洗脳、とも言えるくらい、
当人の気づかぬ人格形成に大きく影響しているものです。
そうして作られた人格が社会を創って行くわけだから、
権力者は当然計画的な意図をここに多分に仕込んで、望む社会を作り上げようと画策します。

教育に限らず当然メディアもこうした一部の権力者の意図による仕掛けだらけなので、必要以上に触れることを私は避けます。



私は10代後半頃から、
自分の意思、自分の考えと思っていることが、
実は大人や社会に意図的に作られたものなのではないか?
これは本当に自分の考える想いなのか?
という疑問、疑いを抱くようになり、
それから主に独学で歴史や精神世界、宗教など学んで、自分の知らない自分の中を掘り探って行くようになりました。

ブログの題名にしている、真実の探求、はこの頃から始まっていると言える気がします。



f:id:ikkyuw:20171211003430j:plain



今主にメディアの力によって表面に映っている社会の様相は、本当の世の中を見せているものでは全くもってありません。ただの一面です。
大人になって実際に社会を見渡してくれば誰しもがある程度気づくわけだが、
それでも表面に映っている標準化されたものに人は振り回されてしまうのだから困ったものです。


これから数十年の間に、世界は大変革をしてゆくと思います。
大洗濯により、淘汰されてしまう人も多く出るだろう。

日本の憲法も教育も、大きく変革して行かなければならないものと私は思っています。


一休

仕事

「仕事」とは、

「事」に「仕える」と書きます。



f:id:ikkyuw:20171210020229j:plain



与えられた、事に仕えることで我を抜いてゆく訓練としてあるのが仕事の本来である、と教えられたことがあります。

我(私、私的なもの)が抜けてゆくにつれて、その人の行う「事」は、
より他人のため、世のため、自分自身のため(神性、仏性、真我など本来の自己)の行いとなってゆきます。


苦しみの元となっているものは、この我(私)へのとらわれである、
とも言えます。

我へのとらわれを抜いてゆくことが大きくは悟りへの道であり、
それは個々人それぞれの喜びの道、幸福の道である、
と、釈尊はそのように伝えているものと私は思っています。




f:id:ikkyuw:20171210015954j:plain



私は、尊敬する人や、頭が上がらない、と思う人のほとんどは皆仕事人です。ジャンルは問いません。
霊的なことを扱う人やスピリチュアルマスターといったジャンルの人にはほとんどいません。



f:id:ikkyuw:20171210020904j:plain




禅寺の修行では、趺坐を組んで行う瞑想以外に、日々行う諸々の雑事を「作務」として行いこれも瞑想修行の一つのアプローチとして為されるものです。

どのような雑事であっても、今行っている事に心を集中させ、
今、この時、のみに意識を使ってゆくことを訓練し、我へのとらわれを抜いて行きます。

まさに「仕事」です。


どのような職の人でも、その道で艱難辛苦を越えて我が抜けて、意識の拡大している人を見ると、如何に今の自分が小さいかを思い知らされます。

霊性修行の一番中心となるものは、実は瞑想行でも霊的技法を扱うなどでもありません。
事に仕え、我を抜いてゆくことです。



f:id:ikkyuw:20171210020049j:plain



人は仕事をするために生きているわけではなく、
もちろん遊ぶために生きているわけでもない。

可能な限り本来の自分を生き、より本来の自分へと還るために生きている、
と、今の私は思っています。



仕事には困難がつきものです。
結局多くの人は、
仕事を通して、「事に仕える」ことが、

本来の自分を感得してゆくもっとも身近な足掛かりになる、ということでしょう。



f:id:ikkyuw:20171210020121j:plain




だから人には仕事が与えられるのでしょう。



一休

無理なことは不要なこと

ベジタリアンを実行することになってから約一年経ちました。
制約として与えられたという面もあるため、余計なことを考えるよりもまずは可能なことを行って来ました。

一年感じながら試して、
いろいろと単純ではないことを思い、結果今としては完全なベジタリアン食はやらない方がよい段階であることが分かっています。



f:id:ikkyuw:20171207113537j:plain



師匠たちはほぼ完全なベジタリアン食ですが、
今の自分が行うものとはその中身、条件が全く異なります。

ほぼ自給自足で、とても新鮮でエネルギーの高い状態のいい食物ばかりを摂ることが可能なのが師匠たちで、
自分が今の生活で行えるのは、普通にスーパーで買う食材しかなく、自炊する時間も限度があるので実際には外食や買うことも多い。
無理なく行う、ということでもそれで限度です。それ以上は無理矢理な感じになるため違うと感じます。


そして今のエネルギーの状態です。
師匠の状態、と置かれている生活環境(エネルギーの高い山の中)くらいになれば、
食物から摂らなくても受け取れているエネルギーが沢山ありますが、
今の自分が受け取っている空間に遍在するエネルギーは格段に少ないです。

その辺で買う食材食物でベジタリアンをして心身のバランスを調えるのはやはり無理なのだとわかりました。




f:id:ikkyuw:20171207113628j:plain




心身の要求、と

状況の導き、と


これを軸にすることがもっとも正しい判断ができるということを改めて思っているところです。
頭であれこれ考えても、考えてるうちはわかりません。
意識的な努力をしても、してるうちはベストなところに納まってないです。


物事を行うには時期というものがありますが、
本当に行うべき相応しい時には、無理なくそれが可能になる状況が自然と整って来るというものです。
これは先輩たちも皆言います。


無理を感じることはその時は不要なことであり、
無理矢理は不要です。

今可能なことが、今の自分に相応しいことであるということを、
改めて思っています。



f:id:ikkyuw:20171207113809j:plain



無理を通せば道理(自然の理)が引っ込みます。



一休

釣り合う

人の関わりというのは、やはり釣り合うものだなと思います。

よく波長の法則などと言いますが、
自分と関わる人はどこかしら同通する要素があるものです。


ひどい人と関わる相手は、それなりにひどい面を持っていることが多い。

似たような面を持つ者どうしが引き合っていることもあれば、一見正反対のものが引き合っていることもあります。

自信の無い女の子と、自信過剰な男の子のカップルなんていうのもよく見掛けます。
真逆のようにも見えて、実際にはどちらも拠り所となる自己ができていないという中身は同じで釣り合っています。



f:id:ikkyuw:20171207020229j:plain



自分の主張しかできない、自分の言いたいことばかりで相手の話を聞けない人がいます。

自分の主張ができない、言いたいことを相手に言葉で伝えることができない人がいます。

相反していますが、どちらも一方通行のやりとりしかできないことは同じです。
キャッチボールにならない。
循環しません。



整体ではこの、
言いたいことしか言えない、人も
言いたいことが言えない、人も

どちらも耳が悪いのだと野口先生は仰います。
言葉で話す、伝えるという発信の機能が悪いのは、耳という受信機の機能が悪いからであり、元の原因は同じということです。
だから耳を調整すればいいと言います。



f:id:ikkyuw:20171207020245j:plain



数年間、切磋琢磨して関わってきた人達との縁もそろそろ終えて、
新たな出会い、新たなご縁を求める気持ちが大きくなってきていますが、まだ環境の変わる兆しがみえないところです。


内界と外界は釣り合っています。
何かもう一つ、内側を見つめて発見しなければならないものがありそうな感じもしている今日この頃です。



一休

自分は今生でどれだけ夢を叶えられるだろうか?
と時々思います。


望む夢の形も時と共に変わって行きます。
浮かんでは消える、揺れ動く夢もあります。

しかし、どうしてもこれだけは叶えたい、と揺れず変わらず思うものがやはりあります。


ふと自分の人生を振り返ると、なんだか辛抱の連続だったような気がしてきます。
今の心境がそう思わせている、というのが実態なのだろうが、

ひたすら辛抱をさせられてきて、このまま行ったら本当に辛抱だけで今生が終わってしまうんではなかろうか?
などという思いも頭をかすめたりします。



f:id:ikkyuw:20171203003336j:plain




幸せとはなるものでなく感じるもの。

幸せだと感じられる心を手に入れる。



幸せとはそういうものだと思っていますが、
それでも、味わいたい具体化された想い描く夢はやはりあるものです。




f:id:ikkyuw:20171203003408j:plain



今という時代、このタイミングは本当に特殊で、
これまでの過去の時代とは条件が全く異なる時だといいます。

肉体を持ったまま3次元→4次元へ移ってゆくその流れの中に身を置いているのであり、
それは肉体よりも霊体が主体になってゆく流れである、ということです。

これまでは肉体が主体であったからイメージ空想(霊体領域)の力は普通の人は弱かったのが、
今は、そしてこれからは霊体の主体へと比率が大きくなってゆくので、イメージ空想したことが実体化される力がますます大きく、そして早くなる、

という、
そういうタイミングを今は生きている、ということです。



f:id:ikkyuw:20171203003415j:plain



なんとか未練を残さず、今生を終えたいものです。



一休

礼が人を創る

日本では昔から心身一如、心と身体は一体であると言います。

私は修行を通して、具体的になにが、どこがどういう風に繋がっているのか、一体なのかというのを体感理解で学んでいます。

頭で理解し、身体で感覚で感得して、
本当の理解が深まって行きます。



f:id:ikkyuw:20171114014542j:plain



野口整体では道場に入る時に一礼をします。
場に対しての礼です。

行を始めるにあたっても相手があれば相手に一礼から始めます。
終えた後も同じく感謝の一礼をします。

一人で行を行う際も同じく一礼から入ります。


日本では伝統芸能、武道、宗教などでもこの基礎はだいたい統一されてるように思います。

八百万の神を大事にしてきた日本では、
それぞれの土地や場所、目に見えない空間にも、人の中にも神を見て尊んできたことが表れています。



f:id:ikkyuw:20171114014555j:plain



心の動きと身体の動きはやはり一体です。
心の動きが是正されてくれば、身体の動きも是正されてきます。

反対に身体の習慣的な動きを礼儀作法を身につけたりなどで是正して行くことで、心の動きも次第にそれに付き従ってきます。

醸し出す雰囲気にもやはり品位が出てきます。


野口先生は、
整体とは感受性を高度ならしむるものと仰有っていますが、

感性を育てるということに於いてもこれは深く関わってます。


私は以前は、10代のときからロックやメタルが好きで音楽ばかり聴いて来ましたが、
ネガティブな要素の強いものはだいたい良くない霊界と繋がって影響を受けてます。
今になってそれもよく分かるようになってます。
そうした影響の大きいものは今ではもう聴きたいと思うことはなくなりました。


ネガティブなものが良く感じるとか、
ドクロとか魔を感じさせるような物が好きとか、ワルっぽいのがかっこ良く思えるとか、

こういうのはだいたい良くない霊界の影響を受けることで感じられている歪んだ感性です。

もっとも本来的な純粋な自分の感性からは外れてしまっているものと思えます。


時代を越えて支持されるような普遍的に心に響くような名作は、良くない霊界の影響を受けずに、
高い霊界からの影響を強く受けてその人本来の純粋な感性で創られてるのが感じられます。

そういうものにはそれなりの品位がある。
いわゆる上品な感じでなく野性的であっても、決して下品ではない。



f:id:ikkyuw:20171114014712j:plain



これまでの時代ではネガティブな闇のものにも価値の見出だせる要素があったと思いますが、
これからの時代、光への統合が成されて行くこれからは歪んだものはどんどん淘汰されて行くだろうと思います。


日本的な礼儀作法ばかりが正解とは思いませんが、

神の国日本なだけあり、
とりわけ高度で精妙な波長が、この国の礼儀には籠っているようです。



一休

お休み

しばらく先へ進む課題の行はお休み中です。
瞑想行も日々の祈りとして、日々の浄化としての瞑想以外はほとんど行っておらずです。

その代わり新しい情報がとにかく沢山入ってきて頭が追いつかないほどだが、
特に霊的な世界の深い理解へと繋がっていっています。

今はそんな形で意識の変革が進められてる感じがしてます。


神祀り、先祖の供養、新たな霊的な視点、部屋や修行環境の改変など、

新たな理解、より進んだ理解へと、変革が忙しく、




f:id:ikkyuw:20171113013505j:plain




修行はしばし休憩中。





一休