一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

礼が人を創る

日本では昔から心身一如、心と身体は一体であると言います。

私は修行を通して、具体的になにが、どこがどういう風に繋がっているのか、一体なのかというのを体感理解で学んでいます。

頭で理解し、身体で感覚で感得して、
本当の理解が深まって行きます。



f:id:ikkyuw:20171114014542j:plain



野口整体では道場に入る時に一礼をします。
場に対しての礼です。

行を始めるにあたっても相手があれば相手に一礼から始めます。
終えた後も同じく感謝の一礼をします。

一人で行を行う際も同じく一礼から入ります。


日本では伝統芸能、武道、宗教などでもこの基礎はだいたい統一されてるように思います。

八百万の神を大事にしてきた日本では、
それぞれの土地や場所、目に見えない空間にも、人の中にも神を見て尊んできたことが表れています。



f:id:ikkyuw:20171114014555j:plain



心の動きと身体の動きはやはり一体です。
心の動きが是正されてくれば、身体の動きも是正されてきます。

反対に身体の習慣的な動きを礼儀作法を身につけたりなどで是正して行くことで、心の動きも次第にそれに付き従ってきます。

醸し出す雰囲気にもやはり品位が出てきます。


野口先生は、
整体とは感受性を高度ならしむるものと仰有っていますが、

感性を育てるということに於いてもこれは深く関わってます。


私は以前は、10代のときからロックやメタルが好きで音楽ばかり聴いて来ましたが、
ネガティブな要素の強いものはだいたい良くない霊界と繋がって影響を受けてます。
今になってそれもよく分かるようになってます。
そうした影響の大きいものは今ではもう聴きたいと思うことはなくなりました。


ネガティブなものが良く感じるとか、
ドクロとか魔を感じさせるような物が好きとか、ワルっぽいのがかっこ良く思えるとか、

こういうのはだいたい良くない霊界の影響を受けることで感じられている歪んだ感性です。

もっとも本来的な純粋な自分の感性からは外れてしまっているものと思えます。


時代を越えて支持されるような普遍的に心に響くような名作は、良くない霊界の影響を受けずに、
高い霊界からの影響を強く受けてその人本来の純粋な感性で創られてるのが感じられます。

そういうものにはそれなりの品位がある。
いわゆる上品な感じでなく野性的であっても、決して下品ではない。



f:id:ikkyuw:20171114014712j:plain



これまでの時代ではネガティブな闇のものにも価値の見出だせる要素があったと思いますが、
これからの時代、光への統合が成されて行くこれからは歪んだものはどんどん淘汰されて行くだろうと思います。


日本的な礼儀作法ばかりが正解とは思いませんが、

神の国日本なだけあり、
とりわけ高度で精妙な波長が、この国の礼儀には籠っているようです。



一休

お休み

しばらく先へ進む課題の行はお休み中です。
瞑想行も日々の祈りとして、日々の浄化としての瞑想以外はほとんど行っておらずです。

その代わり新しい情報がとにかく沢山入ってきて頭が追いつかないほどだが、
特に霊的な世界の深い理解へと繋がっていっています。

今はそんな形で意識の変革が進められてる感じがしてます。


神祀り、先祖の供養、新たな霊的な視点、部屋や修行環境の改変など、

新たな理解、より進んだ理解へと、変革が忙しく、




f:id:ikkyuw:20171113013505j:plain




修行はしばし休憩中。





一休

参拝日記

先日、武蔵国一ノ宮の大宮氷川神社へ参拝して来ました。

自分の住んでいる処の一ノ宮なので、年に2回は参拝し感謝のご挨拶をするようにしています。



f:id:ikkyuw:20171029002423j:plain



ここの境内に来るといつも感じます。

神社とその神々が宇宙と繋がっているのだというのがよく感じられるのです。

もう何年も前に日光の東照宮に行ったときも、とても強くそれを感じたのを覚えています。



f:id:ikkyuw:20171029003107j:plain


だんだんと、自分の処へ巡って入ってくる情報も高度なものが増えています。

宇宙や地球、生命、此の世彼の世の成り立ちから、
神々の存在やその世界の様相、
歴史や宗教の真相など、

主にネットを通してだが、数年前では理解できなかっただろうし受け入れきれなかっただろうと思えるような高度な情報が、理解力が高まるにつれてなのだろう、入ってきます。



密教が何故秘密の教えなのかと言えば、その一つには、

まだ意識の低い段階にいる人に、その宇宙の真相を説いたところで決して理解されることはなく、毒にしかならないということがあるからだろう。

物事を理解するには、それを理解可能な意識レベルに到達しなければ無理なのであり、
それはつまり波動が上がらなければ無理なのです。


アインシュタインが言っていた、

問題を引き起こした意識領域に、その答えは存在しない、
というのは同じことで、


真実を覚ってゆくには、

自分の意識レベルが上がる、
すなわち波動(周波数)が上がる、

ことによって可能になる。


簡素に言えばそういうことでしょう。



一休

今日の日記

夏から続いていた課題の行も満行を迎え、今しばしの休息期間です。

今回行っていたのは、今後扱ってゆくヒーリングエネルギーの源泉にあたる神の力を得る行であり、やはり重要なものでした。

その神の御神体ともご縁があり、自分の元へ由緒のある確かなものが巡っても来ました。


前の記事に書いた車での事故が起きたのは、
実はこの御神体が来ることになったのと時を同じくして起きたものだったので、
おそらく新しく頂けたご縁で更にシフトアップしてゆくのに必要な業出しがあったのだろうと考えています。



f:id:ikkyuw:20170921210743j:plain



今日はまた北鎌倉を散歩しに来て、今は大船駅のすぐ近くの、
かんのん食堂 で食事をしています。

魚屋さんと一緒になっている居酒屋食堂で、久しぶりに魚も食べました。


このお店は何度か来ているのですが、いつも活気があって明るい雰囲気でいいお店だなあと思っています。

私は行者であるからという理由以前にそもそもお酒は飲めないのですが、
ちょっとした付き合いなどで居酒屋に入ると、あまり良くない感じの気が漂っていることが多いというのが自分の感想です。

たまたまそういう店にあたってたからかもしれないが、
飲み屋さんという性格上の理由もあるかと思います。


飲んで日頃の憂さ晴らしとネガティブなものが吐き出されてるような、そういうお客さんの集まるところはやっぱりよくない感じなのだと思います。


此方のかんのん食堂では、お客さんを見渡しても悪酔いしてるような感じの悪いタチの悪い人は居らず、
ここにいると回りから陽気なエネルギーがもらえてます。

こういうとても感じのいいエネルギーのいい店にはやっぱりこれがきちんとあります。


f:id:ikkyuw:20170921203232j:plain


きちんと神さまをお祀りして、日頃から大事にされているのがよくわかります。


神棚にいい神気が感じられるのは守護して頂けている証だと思います。

このお店はかなり歴史もありそうなお店ですが、
気の流れ、運の流れの中で沈む時期もあるのを乗りきって続いてこられているのでしょう。


こうした商売が永く続くのは、やはり神の加護が厚いからなのだろうなと思います。

いい商売をされているのでしょう。



一休

変化の話

1年前くらいから密教の修行も本格的になって行き、エネルギーも扱う法具も非常に強力なものとなって来ました。

瞑想行等に使う時間も長くなり、仕事は出来る限り減らして修行に時間を多くかけるようにもなっています。



f:id:ikkyuw:20170907233422j:plain



いつ頃からかよく覚えていませんが、以前と大きく変化したことが一つあります。

以前は人混みに行くと、人や低級霊のマイナスの念波にすぐに悪影響を受けてくたびれてしまっていたのですが、
今はそういうことがなくなりまして、普通に特に問題なく人混みにも居られるようになりました。

かといって好き好んで居たいとは思いませんが、電車での移動に苦労が無くなったので楽です。


邪気の強いエネルギーの悪いところでもそれほどの影響を感じなくなり、

ある意味鈍くなったような感じもします。
エネルギー体が強く整って来るとこのようになることもあるのだなというのを一つ実感しています。




f:id:ikkyuw:20170907233434j:plain




エネルギー体を語る上ではチャクラというものがよく出てきますが、

このチャクラも肉体同様、「弾力」が重要であると言います。


締まるべき時にグッと締まり、弛むべき時にサッと弛む。

開くべき時にパッと開き、閉じるべき時にフッと閉じる。

赤ン坊のように柔軟で弾力のある状態がいいわけです。


肥田式強健術肥田春充氏は、その筋力を、
締めれば鋼鉄の如く、弛めばバターの如しと言われています。


f:id:ikkyuw:20170907233653j:plain



低俗な欲求や性欲に溺れているような人の多くは、低い霊界や悪しき霊存在に繋り悪影響を受けています。


そうした低い欲求ばかりが強いのは下位のチャクラが言わば開きっぱなしのようになっており、そこから生命エネルギーが常に漏れ出ているからで、

そうした状態が続けば当然老化も早くなり寿命も縮まります。


閉じて開かず働きの悪いのも良くないですが、
駄々漏れも良くないです。



一休

江ノ島

今日は昼過ぎに瞑想行を終えて、その後江ノ島へ行ってきました。

着いたのは4時頃だったので人も少なく、最初に参拝する辺津宮も人は並んでいませんでした。


江ノ島の神社は辺津宮中津宮~奥津宮と3つありだんだん登って行きます。

一番上の奥津宮は配置的に、海の向こうに見える烏帽子岩かあるいはそのずっと先にある富士山の遥拝殿になっているようにも思えます。


夏場は、夜も食事の店は19時まで営業していて(店の人の話では今日までとのことなので8月中は)
眺めのいい店でコーヒーを飲んで休憩しました。
そこで素晴らしい夕暮れが見れて満足です。


f:id:ikkyuw:20170901012203j:plain




途中の江の島大師ではこの本を買いました。


f:id:ikkyuw:20170901012146j:plain


著者の池口恵観大阿闍梨衆生救済の実録ということで、時間のあるとき少しずつ読もうかと思います。
近代に伝わっている真言密教の中身にも触れているようなのでいろいろ参考にもなりそうです。



今日は一日ずっと強めの風が吹いてました。
いい風でしたが、荒々しい猛々しいというか、そんな雰囲気がありその分浄化も強く感じました。

龍神は風や天候を操ると言うから、今日はなにやらよく働かれていたのでしょうか。


三時間弱の滞在でしたが、
江ノ島はエネルギーが非常に高く日頃の行では得られないパワーもずいぶん満たされた感じがします。
浄化と充電のいい一日でした。


もう肌寒く、すっかり秋の夜ですね。




一休

夏の記録

この暑い夏、毎日数時間の瞑想三昧の日々です。
少なくとも9月の初めまでは今の行をみっちり継続しなければならないところです。

こう暑いと積極的な動きもあまりとれないので、瞑想修行に専念するにはちょうどいいと言えばちょうどいい時期とも言えます。




f:id:ikkyuw:20170810022019j:plain



人生には動きのいい時期とそうでない時期とがやはりあるもので、

年齢を重ねて行くにつれてだんだんとそういったこともよく実感出来てきます。


「機」


なにかしら行動を起こすに当たっては、タイミングというものがあります。


風も吹いてこないのに一生懸命人力で船を漕いでもたいして進みはしないもので、

いい風が吹いて来るまでじっくり待って、
さあ今だというところで帆を張って一気に風に乗って進めるというものです。


この待ってる間に、如何に地道に未来の準備が出来るかというのは重要です。


動かざること山の如しで、この夏は瞑想三昧と、合間に読書と、
地道な修行勉強です。



労多くして功少なしにならぬよう、

自分自身をよく感じ、目に見えない流れを感じ読み取り、

そして心に従い、
今為すべきことを判断します。



一休