読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

良質な水を

人間の身体は、そのほとんどが水分で構成されているというのは周知の事実でありますので、
良い水を摂ることが如何に重要かということを思います。




f:id:ikkyuw:20170228155013j:plain



水は、エネルギーを記憶し蓄えます。


ネガティブなマイナスエネルギーは人体の細胞内に蓄積されております。
骨から筋肉から、神経、血管と、いろいろな処に留まって蓄えられてしまっております。


家の中でも、水回りは特にマイナスエネルギーが蓄積しやすい場所です。
風水で水回りの気場を調えることをよく言うのはそれ故かとも思います。

水回りの清掃がなされていないところなどはマイナスが強烈だったりするのを実感します。




水は電気もエネルギーもよく通し伝えます。

伝法やヒーリングでも、水の中で行う、水の中でエネルギーを伝えるものもあります。

脳の信号は微細な電気信号であることも現行の科学で周知のとおりです。
その脳内は80%が水分ということですので、
そのことからも、脳内の水分、血液が良質なものになるのが重要であることが想像できます。



f:id:ikkyuw:20170228155457j:plain



私は今はアマゾンで購入できる観音温泉水を常用の水として飲んでおります。

エネルギー的には、料理、汁物なども体内に取り込む水は、水道水は避けたいところです。
浄水器を使っても、マイナスが抜けているようには感じません。



良質なエネルギーを記憶している水を取り込むことで、体内の水分にそのエネルギーは浸透してゆきます。

霊泉を飲むことで重病を治すという方法も、日本にも外国にも昔からのものがあり、医者が匙を投げたのが改善しているという実績もあります。

現地で涌き出てるそのままのものはそれだけの力があるのだろう。



なるべく良い状態の水分を、日々摂取したいものです。



一休

低級、中級、高級ヒーリング

ヒーリングや霊能、エネルギーワークと言われるものなど、

現実には、ひどく悪質なものからあまり良質とは言えないな、くらいのものまでけっこういろいろと氾濫しているのが窺えます。

このブログの広告にもそうしたものが載っております。


目に見えないものを扱っているだけに、低俗な商売道具にもなりやすいのでしょう。



基本的に、それが本当に正しいものか、良くないものなのかは、
そのヒーラーの背後の繋りでほぼ決まってくるものと私は思います。

人間と同等、あるいはそれ以下の低級霊、低い領域と繋がっているものは正しいものではないです。



f:id:ikkyuw:20170224031652j:plain



自分が感じる限りで言えば、
看板を大きく掲げて、商売が先にたっているようなのは背後の繋りが良くないものばかりと思います。


本当の高級霊、高級な領域と繋ってこうした仕事を行う場合、商売優先という俗な思考では繋がれると思えません。


金額が高いか安いか、受け手の金銭感覚で判断できるものでもないと思います。

正しいものであってもお金はかかりますし、
安い方が良心的だろうという考えも、それ自体が俗っぽい感覚でもあります。



f:id:ikkyuw:20170224024443j:plain




ある程度良心的に行われていて良い効果のあるもの、というレベルのものもあると思います。


四次元レベルのエネルギーを扱うものは、ヒーラーの精神性の高低に関わらず扱われているようです。

精神性の低いヒーラーが扱ってもそれなりに効果はあるだろうから、商売にもなるし宗教にも利用できるだろう。

しかし精神性の高いヒーラーの扱うものと違い、低いヒーラーの扱うものであればマイナスな影響も受ける可能性が多分にあるかと私は思います。



f:id:ikkyuw:20170224024807j:plain



本当に高い次元の高級霊との繋りで行う場合、
正しい人間性精神性、人格作りというか、そういう基本的なものが出来てこないときちんと繋がれません。
俗な邪心邪念があれば、厳しく指導も入ってきます。

自分を律することのできぬ内からそれを仕事にして人様からお金を頂くなどはさせてもらえないはずです。


しかし、高級霊の意に沿うことをきちんと行っておればその繋りは深まるので、
必要なものは必要な形で整うよう後押しを頂けるのです。
受け手とのご縁も繋いで頂けるから、広告や看板なども必要最低限でこと足りるはずなのです。
集客に力を注ぐ必要はほとんどの場合ないはずなのです。

無料とか割引きとかをもし前面に出してるようなら、そこでやっているのは商売なわけで、
高級霊との繋りで行われているとは考えにくいと思います。



f:id:ikkyuw:20170224031711j:plain



うさんくさいもの、誠心誠意を感じないのに効果を期待して求めても、
いい結果にはならないだろうと思います。

効果さえあれば効きさえすればなんでもいいから、
といった見境のない心でいると、あまり良くないものとのご縁ができるというものです。



一休

いじめとカルマ

今朝のテレビではいじめ後遺症について放送されていました。

大変な苦しみの中で生きている様子も紹介されておりましたが、
とても根深いカルマを感じました。


こういった根の深い心の問題こそ、自分の行うヒーリングの扱う領域と言えます。


一般常識的な多くの認識が、

心の病、心の問題➡精神科の病院へ

という選択になっていると思いますが自分が思うところとして、

多くの今の精神科の病院には、こういった心の問題を根本から解決し、消滅に向かわせる力も技術も持っていないと思います。


目に見えない心を対象にしているのだから、扱っているのは目に見えない氣、エネルギーの領域なのです。

もっと常識的にも一般的にも、氣エネルギーを扱うヒーラーの存在が認知されればなと思います。



f:id:ikkyuw:20170220195349j:plain



私は、こうした根の深いカルマを背負って生きている人が、そこから脱け出して行くのを手助けするために修行に勤しむことになっているのだろうと思うのです。
より深いカルマ、地獄から這い上がるのを引っ張りあげるような力、
私が身につけて行っているヒーリング力は、そういった類いの力なのです。



今の時代、今のこのタイミングでは、
これまでだったら何回も生まれ変わらなければ消化できないようなカルマも、
たった一回の人生で消化してしまうことが可能だと言われます。

何百年、何千年分をたった一度の人生でできてしまう、
それぐらい、ポジティブなエネルギーが強力に働く時代なのです。


そんな時代だからこそ、
より困難な課題を沢山抱えて、それを消化すべく今のこのタイミングに生まれ来ている人というのも多くいるはずなのです。




f:id:ikkyuw:20170220195409j:plain




今暗闇の中に埋もれている人も、
既に光を得て力を増している人も、

同じ時代に生まれ合わせ、同じ課題に取り組んでいる同志であります。


薄暗い世界を、光輝く世界に変えるというミッションを皆で共同作業で行っているのです。
何かしらその一部を自分の心の闇という形で担っているのです。


光を導く側の人があり、それを受け取る側の人があり、
双方が合致して一つ、

どちらもより光るために必要なお互い様なのであり、

どちらに上下も優劣も、本質的にはないのであります。



f:id:ikkyuw:20170220195452j:plain




自己も、他者も、世界も、すべては同じ一つである、

自他一如、なのであります。



一休

修行者の数珠

先日新しい法具を拝受したところで、
昨日の行から使い始めました。



f:id:ikkyuw:20170218024610j:plain




私の行う瞑想行法では通常、ジャパマーラーと呼ばれる数珠を使用しております。

宗派や法の系列によって様々あると思いますが、インドやアジアのヒンドゥー仏教圏ではよく使用されるものです。


この数珠では菩提樹の実がよく使われていて、クルミのような実にいくつかの面があります。
水晶や水のようにエネルギーを記憶する性質に優れていることから、神聖な実として昔から修行者はこれを数珠にして使っているのです。

面の数とその意味や効果についてはいろいろと言われているものがあるが、
今回自分が拝受したものは6面の数珠であり、われわれ行者としてはシッディー(法力)を得るのに必要なものということです。



そして何より重要なのが、

実際に入っているエネルギーの質と強さであります。


今まで使っていたものは、ヒマラヤ及びインドネシアの老聖者にエネルギーを入れてもらっているものであり、
どちらも表には決して出ない無名の方だが、凄まじいエネルギーを宿してる方々です。

なのでそれでも十分なエネルギーの入ったものではあったのだが、
自分が今行っている段階、そしてこれから人様のために法を扱ってゆくことを考えると、これではもう足りない力不足になってきていたところでした。



そこで、相談をしたところ巡ってくることになったのが今回のもので、

これは師匠が年月をかけて特別に熟成させていたもので、いろいろと特殊なエネルギーも染み込んでおります。
サイズも大きくて重く、もはや素人が手にできるようなレベルのものではなくものすごいエネルギーです。


自分と同じような数珠を使っている修行者は相当数いるだろうが、
こんなものを手にできる人はそうはいないだろうと思うもので、

行者としては自分は本当に恵まれているなと、感謝しているのと同時に使命も感じています。



f:id:ikkyuw:20170218025043j:plain





修行者にとっての数珠は、武士の刀とも言えるようなものであります。


使い込むことでエネルギーも増して、切れ味鋭くなってゆきます。




f:id:ikkyuw:20170218025103j:plain




今までは木刀で修練していたのが、ついに真剣を手にした感じです。
それも名匠の業物という感じであります。


やっと持つことを許された、その段階にきたのだろう。


初めて手にした真剣は、心にも重くのし掛かかり扱いづらいところであるが、

どうにか少しでも早く、自分の得物として使いこなせるよう行じてゆく所存です。



一休

神々の世界、人々の世界

優れた僧や、聖者、賢者と言われるような人の中に、即身成仏される人がいます。
即身成仏と言わずとも中身としては同じ、あるいは似たようなものと言える亡くなり方をしている方がいるものです。

だいたいそういう方というのは自分の死期を覚っていて、
周囲の近い人にはそれを漏らしたり伝えたりしていた、という話がよくあります。




f:id:ikkyuw:20170210013901j:plain



宗教や地域によっては、このような方の死を祝うところもあると言います。

肉体という重い殻を脱ぎ捨てて、時空間の制約のない形へと存在の在り方が変わるので、
その方がより活躍できるという面があるわけです。


非物質界に住まう神仏や様々な高次元の存在というのは、
重い肉体を持った我々には及ばないような力や働きを持てるものであり、

だからこそできる人々の救済、幸福の手伝いというのがあるものです。



しかし、我々が主体的に捉えてるこの物質界においては重い肉体を持った我々人間の方が力を持っているという一面もあり、

肉体があるからこそできる人の幸福の手伝い、そして神仏や高次元存在への手伝いというものもあり、
そちらの面も一方で大事になるのであります。




f:id:ikkyuw:20170210013927j:plain




神は人の敬いによりて威を増し、人は神の徳によりて運を添う


これは神道に伝わる教えの言葉です。


私は神は敬うべきと思っておりますが、
神と人とは共存、共生しており、

ある意味、持ちつ持たれつの関係と言える面もある、とも今は思っております。



なんにしても、

神々や精霊を、そしてその宿る大自然を大切にし敬うことでこそ、
人はそれらに護られて、本当の心の豊かさ、幸福を享受することが可能になってゆくというものなのであろう。




f:id:ikkyuw:20170210013952j:plain



最近、神道から学ぶものが多いです。

この狭い国でセカセカと時間に追われ働いてばかりの今の日本人は、スケールが小さくて本当につまらなくなってますが、

昔の日本にはもっと雄大なものがあったんだなあと思うこの頃であります。



一休

霊的地固め

先日鑑定結果のでた両親の産土神社及び鎮守神社を両親に伝えるために実家へ帰りました。

なぜ今回両親のを鑑定してもらうようにとのメッセージが降りてきたのか、実家に帰ってみてわかった気がしているところです。



f:id:ikkyuw:20170208205318j:plain




一年ぶりくらいに帰ったのですが、いつの間にか、
かつて自分が住んでいた頃残した神棚をとても大事に管理していて、毎日神様に挨拶しているんだと言っておりました。


おそらく両親の産土様が、両親に存在を知らせるべく計らったようです。

余り期待はしてなかったのだが、両親に鑑定結果を伝えると思いの外信じてくれたようで、挨拶に行って御札ももらってくるつもりの様子でした。

父親は古い人なので古い観念に縛られている人であり、とりわけ霊的なことには疑り深く、
本人の考える神、信仰に対する頑なな思想にはまらないものを頑として受け入れないという面が強くあるのですが、伝えてみてよかった。
言ってみるもんだなあと思っているところです。




f:id:ikkyuw:20170208205415j:plain





これで一つ安心して先へ進んで行けるというものです。

自分を担当している、自分の親的存在である産土神鎮守神という存在をまず大事にすること。
そしてその上で他の神仏を大事にして行くのだという、

そういう順序がスジの通った、神仏界では大切な原則なのだそうです。

人間社会もそれは同じと思うので、よくわかります。



f:id:ikkyuw:20170208205633j:plain




そして、近しい親、家族、ご先祖をまず大事にすること。
それが神仏界で重んじられることであり、霊的にもカルマという面でも大切な順序なようです。

隣人を愛すということはもちろん大切と思うが、
自分のようにこればかり大事にして、家族、親族一族という繋りをなおざりにしていると、運命の拓かれ方にも効率が悪いようです。

まず近しいところを大事にし、そこから放射線状に拡げてゆくという形が望ましい。




f:id:ikkyuw:20170208205645j:plain




カルマを共有している要素の大きい近しい存在を大切にし、その人たちの運命が拓けるようにする。
まずは一番近しい神仏を尊び労る。

それが霊的な面での地固め、基礎作りに大切な順序なようです。




一休

時間も加速

そろそろ1月も終わりです。
やけに早く感じています。

次元上昇に伴い時間の進みもどんどん早くなっているのでしょう。

数年前と時間の感覚が違うのは、歳をとったからというばかりではないだろう。
急速に速度が上がっているように感じております。



次元が上昇するほどに速度は実際に速まるわけなので、

自分が低い意識で低い波動で生きていれば、本当にあっという間に時間だけ過ぎて行ってしまうでしょう。


しかし、自分自身が高い意識で高い波動で生きればよりいっそう密度の濃い、内容の濃い時間を過ごせるということでもあるわけだから、

断然そのように生きるべきところです。




f:id:ikkyuw:20170129022148j:plain





のんびりはしてられません。


こんなこと、去年まではそこまで強く思うことはなかったものです。
が、
今年は本当に何かが大きく違う。


私だけでなく、世界が、全てがそのように変わっているはずと思うところです。


一休