読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

いじめとカルマ

日記、記録 神のヒーリング

今朝のテレビではいじめ後遺症について放送されていました。

大変な苦しみの中で生きている様子も紹介されておりましたが、
とても根深いカルマを感じました。


こういった根の深い心の問題こそ、自分の行うヒーリングの扱う領域と言えます。


一般常識的な多くの認識が、

心の病、心の問題➡精神科の病院へ

という選択になっていると思いますが自分が思うところとして、

多くの今の精神科の病院には、こういった心の問題を根本から解決し、消滅に向かわせる力も技術も持っていないと思います。


目に見えない心を対象にしているのだから、扱っているのは目に見えない氣、エネルギーの領域なのです。

もっと常識的にも一般的にも、氣エネルギーを扱うヒーラーの存在が認知されればなと思います。



f:id:ikkyuw:20170220195349j:plain



私は、こうした根の深いカルマを背負って生きている人が、そこから脱け出して行くのを手助けするために修行に勤しむことになっているのだろうと思うのです。
より深いカルマ、地獄から這い上がるのを引っ張りあげるような力、
私が身につけて行っているヒーリング力は、そういった類いの力なのです。



今の時代、今のこのタイミングでは、
これまでだったら何回も生まれ変わらなければ消化できないようなカルマも、
たった一回の人生で消化してしまうことが可能だと言われます。

何百年、何千年分をたった一度の人生でできてしまう、
それぐらい、ポジティブなエネルギーが強力に働く時代なのです。


そんな時代だからこそ、
より困難な課題を沢山抱えて、それを消化すべく今のこのタイミングに生まれ来ている人というのも多くいるはずなのです。




f:id:ikkyuw:20170220195409j:plain




今暗闇の中に埋もれている人も、
既に光を得て力を増している人も、

同じ時代に生まれ合わせ、同じ課題に取り組んでいる同志であります。


薄暗い世界を、光輝く世界に変えるというミッションを皆で共同作業で行っているのです。
何かしらその一部を自分の心の闇という形で担っているのです。


光を導く側の人があり、それを受け取る側の人があり、
双方が合致して一つ、

どちらもより光るために必要なお互い様なのであり、

どちらに上下も優劣も、本質的にはないのであります。



f:id:ikkyuw:20170220195452j:plain




自己も、他者も、世界も、すべては同じ一つである、

自他一如、なのであります。



一休