一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

今日の日記

夏から続いていた課題の行も満行を迎え、今しばしの休息期間です。

今回行っていたのは、今後扱ってゆくヒーリングエネルギーの源泉にあたる神の力を得る行であり、やはり重要なものでした。

その神の御神体ともご縁があり、自分の元へ由緒のある確かなものが巡っても来ました。


前の記事に書いた車での事故が起きたのは、
実はこの御神体が来ることになったのと時を同じくして起きたものだったので、
おそらく新しく頂けたご縁で更にシフトアップしてゆくのに必要な業出しがあったのだろうと考えています。



f:id:ikkyuw:20170921210743j:plain



今日はまた北鎌倉を散歩しに来て、今は大船駅のすぐ近くの、
かんのん食堂 で食事をしています。

魚屋さんと一緒になっている居酒屋食堂で、久しぶりに魚も食べました。


このお店は何度か来ているのですが、いつも活気があって明るい雰囲気でいいお店だなあと思っています。

私は行者であるからという理由以前にそもそもお酒は飲めないのですが、
ちょっとした付き合いなどで居酒屋に入ると、あまり良くない感じの気が漂っていることが多いというのが自分の感想です。

たまたまそういう店にあたってたからかもしれないが、
飲み屋さんという性格上の理由もあるかと思います。


飲んで日頃の憂さ晴らしとネガティブなものが吐き出されてるような、そういうお客さんの集まるところはやっぱりよくない感じなのだと思います。


此方のかんのん食堂では、お客さんを見渡しても悪酔いしてるような感じの悪いタチの悪い人は居らず、
ここにいると回りから陽気なエネルギーがもらえてます。

こういうとても感じのいいエネルギーのいい店にはやっぱりこれがきちんとあります。


f:id:ikkyuw:20170921203232j:plain


きちんと神さまをお祀りして、日頃から大事にされているのがよくわかります。


神棚にいい神気が感じられるのは守護して頂けている証だと思います。

このお店はかなり歴史もありそうなお店ですが、
気の流れ、運の流れの中で沈む時期もあるのを乗りきって続いてこられているのでしょう。


こうした商売が永く続くのは、やはり神の加護が厚いからなのだろうなと思います。

いい商売をされているのでしょう。



一休