読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

今日の出来事

日記、記録

今日の瞑想中にインスピレーションが降りてきました。


家族、家系のカルマ解消、運命拓きということにもっと意識を向けるべし


というような内容でした。




f:id:ikkyuw:20161228025107j:plain




やはり自分はそういうお役目が強くあるのだなと思ったと同時に、

両親の産土神社を調べるべし、ということも降りてきました。


前回の記事で書いたように、
つい先日自分の産土神さまにご挨拶してきたところだったので、産土神さまからのアドバイスなのではなかろうかと思うところです。


自分個人のカルマの浄化ということだけでなく、
家系、ご先祖さまという大きな括りでもっと焦点を当てて、
その全体がより良くなるよう努める必要があるということなのでしょう。

そして、たしかに今身近に接している人のことには想いをよく向けているが、生まれ育った家族や一族のことには普段はあまり気にかけることもないので、
その辺りを指摘されたようにも思いました。


f:id:ikkyuw:20161228025226j:plain



特にまずは両親の運が拓けてくることで、自分にもより大きく運命が拓かれてくるということなのだろう。

逆に言うと、今の時点ではそれだけ歯止めのかかってしまっているものが両の親共にあるということになる。



神との繋がりが深くなればなるほどにより大きく運命は拓けてゆくし、良縁も増えて行きます。
縁結びというものは、人を守護する見えない背後の働きによるところが非常に大きいのであります。



f:id:ikkyuw:20161228025207j:plain



瞑想後すぐに以前自分のを鑑定をして頂いた方に連絡をして、
両親とついでに姉のも、産土様の鑑定を依頼しました。

直感で導かれたような時には、なるべく間を空けず即座に動くべしです。



一休