一休 真実の探求Ⅱ ~引導の神々~

霊性修行、活元瞑想行、気 エネルギー、神のヒーリング

今日の日記

本日はとても久しぶりにシヴァのエネルギーで浄化の瞑想を行いました。

しばらく心身の鬱滞が続いていたのが、激しく浄化反応が出て一つ二つ抜けて心身も弛みました。
まだまだ芯から本格的に弛んだとは言えず残ってはいるが、それでも今はとてもだるく気持ちが悪くなっています。(強い緊張状態がほぐれると、痛みや吐き気などが表れたりする)

シヴァの浄化力はやはりとても強い、と改めて感じることとなりました。



f:id:ikkyuw:20180329175500j:plain



シヴァはヒンドゥー教では宇宙の創造三神の一柱とされている神であり、破壊と創造を司ると言われています。(無から有を発生させるブラフマンの創造とはまた別)

五大元素とも言われる地火空水風、この世のありとあらゆるものはすべてシヴァの顕れ、シヴァそのものであるとも言われます。
シヴァに帰依している聖者、賢者も多くおります。


現時点での自分の考えとしては、シヴァは日本の神では国常立大神様と同根なのではないかと考えています。
現状で感じられているエネルギーの質も方向性が同じというか、同種の系列な感じがしています。
より高位の存在としてのこの二神は同じではないかと予想しています。

国常立大神様は地球そのものであり、日本の国土はその姿が顕れた龍体の形をしていると言われます。
大自然も、その自然の摂理もこの神様の息吹きである故に、そのエネルギーは強大で強烈です。

嵐も台風も火山活動も大地震も、この根源的な神様の意思(エネルギー)に因ります。

瞑想によりシヴァのエネルギーを大きく動かすことは、こうした力を自身に及ぼすものと感じています。
故に浄化力も強大です。



f:id:ikkyuw:20180329180700j:plain



瞑想もいろいろあるとおもいますが、

浄化、祓い、波動を上げる、心身の調律、などの目的を持つ瞑想であれば、
そこには必ずと言っていいほど浄化反応がついてまわり表れます。

大きく、深く力が及べばその反応も激しいものとなります。
弛緩、解毒、感情の表出など、出方は一様では無くも、
激しく出れば痛みや苦しみに身悶えます。


そして、こうした瞑想にも起承転結という流れがあります。

これもまた一様では無いものの、
演劇や音楽などのように途中で激しくなったり静かになったり変化をみせて展開されて、最後には心身ともに鎮まって終わります。

普段はだいたい私はこうして鎮まったらそこでその日の行は一区切りで終了としています。
ここからさらに続けることでより深い瞑想状態に入る、禅で言う入定に入るなどもありますが、
今の自分に大事なのはこれではないのでやっていません。


f:id:ikkyuw:20180329182142j:plain




一休